まめなケアが快適動作の秘訣!海沿い住宅での外部金具のケア

金具のケアは業者に頼らず自ら進んで行う事

海沿いのロケーションで常に塩害のリスクに晒される住宅では、ドアの蝶番を始め、外部に露出している金具の定期的な防錆ケアは大変重要なポイントとなります。またこうしたケアは業者に任せてしまうよりも自ら点検しケアし続ける事により、長期的に見てメンテナンスに関わるコストを大きく低減する事が可能となるのです。また台風や発達した低気圧が通過する際の海からの強風時も、直後にケアを忘れず行う事により急なトラブルを著しく減らす事も可能でしょう。

基本的に塩分をしっかり落とす事が大前提に

海沿いの住宅は常に潮風に晒され、一見穏やかな日々においても何もケアをしない場合、外部に晒された金具部分への塩の蓄積は進んでいくものです。いつの間にか取り返しのつかないトラブルに見舞われる前に、頻繁にこれらの金具は真水でしっかり塩分を洗い流し、快適な動作が持続する様心掛ける事が重要となります。また海から強風時は住宅全体が塩に晒される事となる為、露出金具部分だけでなくそれを取り巻く全体への放水と洗浄が最も効果的となるでしょう。

防錆効果を持つ潤滑油の塗布もまた重要に

真水で洗い流した金具への最後の仕上げは、やはり潤滑油の塗布という事になるでしょう。最近の潤滑油は金具稼働部分の潤滑という本来の目的以外にも、該当部分の塩害や錆付きを防止するという効果も持っており、今や海岸地域に住む人々にとって必要不可欠なものとなっています。また住宅における金具だけでなく、自転車やバイク、レジャー用品を始めとした金具部分の防錆や潤滑にも大変効果的であり、これらの定期的点検にも欠かせません。一度使い出すと一度にかなりの量を消費するケースも多く、予備はしっかり確保しておいた方が良いでしょう。

金具は現在では様々な事に使用されていますので、必要不可欠な部品です。機械などにも多く使用されています。