住宅の基礎工事にはどのようなものがあるの?3つの種類を紹介

ほとんどがベタ基礎工事

住宅を建てる場合には基礎工事が必要となります。基礎工事をしっかりしておかないと家が傾くなど様々な問題が出てきてしまうのですよ。現代で一般的に利用されている基礎工事がベタ基礎です。これは建物の範囲内に鉄筋を組んでコンクリートを流し込んでいきます。建物の範囲内にコンクリートを流し込むことによって住宅全体を支える事ができ、また地面をコンクリートで覆ってしまうため、地面から侵入してくるシロアリを防ぐこともできるのですよ。

以前は布基礎工事が多かった

ベタ基礎が行われる前には一般的に使用されていたのが布基礎です。この布基礎とはTの字を逆にしたコンクリートを住宅の重みがかかる部分に設置していきます。他の部分にはコンクリートを流して下からの湿気やシロアリを防げるようになっています。ベタ基礎よりも軽いと言われており地盤に余計な力を与えてしまう事を防ぐことができる方法です。どちらの基礎工事でもしっかりと行われていれば大きな問題がない方法なので家を建てる際には基本的な知識として知っておくと便利ですよね。

最後に独立基礎について

基礎にはもう1つ独立基礎があり、これは柱1本1本の位置に支えるように設けられた基礎の事であり、独立フーチング基礎などとも呼ばれています。傾斜地やデッキ、玄関ポーチなどに利用されている基礎です。また古民家など昔の住宅ではこの独立基礎が利用されていたのですよ。このように住宅に利用されている基礎には種類があって、それぞれに特徴や用途があるのですよ。自分で家を建てる事にならないとなかなか基礎について知ることはないですよね。

建機を少しでも安く購入するなら中古の建機のオークションで買ってみましょう。お手頃価格の建機がいっぱいあります。