包茎に悩んでいる人は必見!すぐにできる治療とは!

包茎手術はどのようなものがあるか

包茎には、種類があるためにその種類よって行う治療が変わってきます。基本的には同じ治療を行うのですが、真正包茎であると完全に皮がかぶっている状態であるために、メスを入れて切除する必要があります。局所麻酔をするために痛みを感じることはありませんが、術後一週間ほどは排尿の時に痛みを感じることがあるために注意しなければなりません。仮性包茎の場合には特に治療は必要なく、ひどい場合にのみメスを入れた治療を行います。

包茎手術でできることとは

包茎手術は、多くの人が行っているのですが包茎手術をすることによって様々な性感染症を防ぐことができます。特に真性包茎であると皮がかぶっている状態であるために、垢やカスが溜まってしまい病原菌によって性感染症を引き起こすことがあります。そのために、手術することによって防ぐことが出来ます。他には、性交をする時に真性包茎であると射精をしにくくなってしまい、擦れて痛みを感じることもあり手術することによって改善できます。

包茎の注意点とは何か

包茎は、非常に危険な病気とされており、男性特有の病気ですが、男性の八割が包茎と言われています。中でも仮性包茎は非常に多く存在しており、こちらは特に心配することもなく自分で皮をむくことができるために掃除もできます。しかし、真性包茎であると皮をむくことができずに垢が溜まっていってしまいます。病気にかかるリスクを高めてしまうこともあるために、注意しなければなりません。防ぐためにも、疑いがある場合にはすぐに治療することが必要ですね。

包茎で悩んでいる男性は少なくないですが、美容整形外科などで治療することができ、手術によって治すことができます。